Windows 10コンピューター用のWindowsフォトビューアーを取得する

Windows 10の新しいフォトアプリは、機能の総数に関して、従来のWindowsフォトビューアーよりも優れています。写真アプリでは、写真から赤目を切り取り、回転、強調、削除するだけでなく、写真を強調するための多数のフィルターや効果も提供しています。一部のユーザーは、この写真アプリが写真を開いているときに、従来の写真ビューアと比較すると非常に遅いことに気づきます。以前のウィンドウと同じように写真を開く方法を見つけますが、ウィンドウではこのオプションは完全に無効になります。また、フォトビューアを削除して、古いクラシックフォトビューアを探す場合は、 Windows 10のWindowsフォトビューアーを取得する



フォトアプリの唯一の問題は、従来のWindowsフォトビューアーと比較すると少し遅いことです。 Windows 10で画像または写真を右クリックして[プログラムから開く]を選択すると、Windowsフォトビューアーがオプションとして表示されない画像に利用できるアプリ。

このファイルを開く方法



投稿内容:-

マイクロソフトは、Windows 10システム用のWindowsフォトビューアーを非表示にしています。

Windows 7または8.1からアップグレードした場合、信頼できる古いWindowsフォトビューアーを簡単に元に戻すことができます。 [設定]を開き、[システム]> [デフォルトアプリ]に移動します。 [フォトビューアー]の下に、現在のデフォルトのフォトビューアー(おそらく新しいフォトアプリ)が表示されます。これをクリックすると、新しいデフォルトの写真ビューアのオプションのリストが表示されます。以前のバージョンのWindowsからWindows 10にアップグレードしたと仮定すると、Windowsフォトビューアーがオプションとして表示されます。

Windowsフォトビューアーを選択し、[設定]メニューを終了すれば完了です。 Windowsフォトビューアーで写真が開きます。ただし、Windows 10の新規インストールでは、Windowsフォトビューアーはオプションとしても表示されません。

Windows 10のWindowsフォトビューアーを元に戻す

フォトビューアを機能させるには、Windows 7および8.1に存在していたものと同じレジストリエントリを追加する必要があります。また、これらの古いバージョンのWindowsからアップグレードしたシステムにも存在します。

これを行うには次のテキストをコピーし、メモ帳に貼り付けます。 (su_note)Windowsレジストリエディターバージョン5.00(HKEY_CLASSES_ROOTApplicationsphotoviewer.dllshell)(HKEY_CLASSES_ROOTApplicationsphotoviewer.dllshell)(HKEY_CLASSES_ROOTApplicationsphotoviewer.dllshellopen)“ MuiVerb” =” @ photoviewer.dll、-3043”(HKEY_CLASSES_ROOTApplicationsshell25.dll) 00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d、00,52,00,6f、00,6f、00,74,00,25、00,5c、00、 53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d、00,33,00,32,00,5c、00,72,00,75,00、6e、00,64、 00、6c、00、6c、00、33、00、32、00、2e、00、65、00、78、00、65、00、20、00、22、00、25、00、50、00、 72,00,6f、00,67,00,72,00,61,00,6d、00,46,00,69,00,6c、00,65,00,73,00、25,00,5c、 00、57、00、69、00、6e、00、64、00、6f、00、77、00、73、00、20、00、50、00、68、00、6f、00、74、00、 6f、00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c、00,50,00,68,00、6f、00,74、 00、6f、00、56、00、69、00、65、00、77、00、65、00、72、00、2e、00、64、00、6c、00、6c、00、22、00、 2c、00,20,00,49,00,6d、00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00、5f、00,46、 00,75,00,6c、00,6c、00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e、00,20,00,25、00,31、 00,00,00(HKEY_CLASSES_ROOTApplicationsphotoviewer.dllshellopenDropTarget)“ Clsid” =” {FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}”(HKEY_CLASSES_ROOTApplicationsphotoviewer.dllshellprint)(HKEY_CLASSES_ROOTApplicationsprintcommand2,53) 00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d、00,52,00,6f、00,6f、00,74,00,25、00,5c、00,53,00、 79,00,73,00,74,00,65,00,6d、00,33,00,32,00,5c、00,72,00,75,00、6e、00,64,00,6c、 00、6c、00、33、00、32、00、2e、00、65、00、78、00、65、00、20、00、22、00、25、00、50、00、72、00、 6f、00,67,00,72,00,61,00,6d、00,46,00,69,00,6c、00,65,00,73,00、25,00,5c、00,57、 00,69,00,6e、00,64,00,6f、00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f、00,74,00,6f、00、 20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c、00,50,00,68,00、6f、00,74,00,6f、 00、56、00、69、00、65、00、77、00、65、00、72、00、2e、00、64、00、6c、00、6c、00、22、00、2c、00、 20,00,49,00,6d、00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00、5f、00,46,00,75、 00,6c、00,6c、00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e、00,20,00,25、00,31,00,00,00( HKEY_CLASSES_ROOTApplicationsphotoviewer.dll shellprintDropTarget)“ Clsid” =” {60fd46de-f830-4894-a628-6fa81bc0190d}”(/ su_note)ファイルを任意の名前で.regファイルに保存します。たとえば、ファイルをphoto.regとして保存し、ファイルを保存するときに、メモ帳でファイルタイプとして「すべてのファイル」を選択していることを確認してください。レジストリファイルを実行し、Windowsレジストリにエントリを追加します。 Windowsフォトビューアーを有効にする

Windows 10用のフォトビューアーをダウンロード

ダウンロードできます Windows 10でWindowsフォトビューアーをアクティブ化する レジストリハック。変更を行う前、またはレジストリを変更する前に、レジストリのバックアップを作成してください。このオプションが機能しない場合は、次のコードをコピーしてメモ帳に貼り付けてください。 .regを使用して任意の名前で保存し、レジストリを実行して変更を加えます。 (su_note)Windowsレジストリエディタバージョン5.00(HKEY_CLASSES_ROOTjpegfileshellopen)“ MuiVerb” = hex(2):40,00,25,00,50,00,72,00,6f、00,67,00,72,00,61、 00、6d、00、46、00、69、00、6c、00、65、00、73、00、25、00、5c、00、57、00、69、00、6e、00、64、00、 6f、00,77,00,73、00,20,00,50,00,68,00,6f、00,74,00,6f、00,20,00,56,00,69,00,65、 00,77,00,65,00、72,00,5c、00,70,00,68,00,6f、00,74,00,6f、00,76,00,69,00,65,00、 77,00,65,00,72、00,2e、00,64,00,6c、00,6c、00,2c、00,2d、00,33,00,30,00,34,00,33、 00,00,00(HKEY_CLASSES_ROOTjpegfileshellopencommand)@ = hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d、00,52,00,6f、00 、6f、00、74、00、25、00、5c、00、53、00、79、00、73、00、74、00、65、00、6d、00、33、00、32、00、5c 、00,72,00,75,00、6e、00,64,00,6c、00,6c、00,33,00,32,00,2e、00,65,00,78,00,65,00 、20、00、22、00、25、00、50、00、72、00、6f、00、67、00、72、00、61、00、6d、00、46、00、69、00、6c 、00,65,00,73,00、25,00,5c、00,57,00,69,00,6e、00,64,00,6f、00,77,00,73,00,20,00 、50、00、68、00、6f、00、74、00、6f、00、20、00、56、00、69、00、65、00、77、00、65、00、72、00、5c 、00,50,00,68,00、6f、00,74,00,6f、00,56,00,69,00,65,00 、77,00,65,00,72,00,2e、00,64,00,6c、00,6c、00,22,00,2c、00,20,00,49,00,6d、00,61 、00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00、5f、00,46,00,75,00,6c、00,6c、00,73,00 、63,00,72,00,65,00,65,00,6e、00,20,00,25、00,31,00,00,00(/ su_note)
Windows 10でクラシックフォトビューアーを取り戻すには、ステップバイステップを参照してください

Windowsフォトビューアーを既定のイメージビューアーとして設定する

[スタート]メニューの[設定]アイコンをクリックして[設定]アプリを開き、[システム(ディスプレイ、通知、アプリ、電源)]をクリックして、左側のペインで[デフォルトのアプリ]をクリックして、右側にすべてのデフォルトのアプリを表示します。右側を下にスクロールして、[フォトビューアー]セクションを表示します。ここで、デフォルトの写真アプリをクリックして[アプリのフライアウトを選択]を表示し、[Windowsフォトビューアー]をクリックしてデフォルトにします。

それでおしまい!クラシックWindowsフォトビューアーを有効にし、Windows 10のデフォルトのフォトビューアーとして設定しました。

また見なさい Windows 10のレジストリを調整して隠し機能を有効にする