Windows 10 May 2020 Update用にPCを準備する方法

マイクロソフトは、最新のWindows 10向けの別の大きなアップデートをリリースする準備がほぼ整っています。以前と同様に、 Windows 10機能更新バージョン2004 多数の新製品もバンドルされています 特徴 と改善。また、現在のすべてのWindows 10ユーザーが利用できる無料のアップデートです。 Microsoftサーバーに接続された互換性のあるデバイスは自動的に Windows 10は2020年5月の更新 Windowsの更新を介して。 Windowsアップデートのインストールがスムーズな場合もありますが、多くの場合、アップデートはほとんどの場合に発生したり、予期しない問題を引き起こしたりします。そして、これらの中断とデータ損失を回避するために、私たちはいくつかの回避策の助けを持っています 成功したWindows 10 1903アップグレード



投稿内容:-

PCをWindows 10 2020年5月の更新に向けて準備する

マイクロソフトは、Windows 10 2020年5月のアップデートを次の日にリリースするようにスケジュールしており、アップグレードプロセスは段階的に進む予定です。つまり、全員が同じ日に更新されるわけではありません。すべてのデバイスが新しいバージョンにアクセスできるようになるまで数日(場合によっては数か月)かかります。使用しているデバイスの種類、場所、Windows 10の入手方法、ロールアウト中のMicrosoft更新サーバーの負荷など、さまざまな変数によって異なります。また、同社は公式のアップグレードアシスタントをリリースし、 メディア作成ツール 手動でのアップグレードに役立ちます Windows 10バージョン2004。また、アップグレードする前に、以下のヒントを適用して、Windows 10のアップグレードを成功させるためにPCを準備してください。



アップグレードする準備はできていますか?

最初に数分間考え、Windows 10をすぐにアップグレードすることを確認します。 Microsoftの歴史によると、最新のWindows機能アップデートをインストールした後は毎回、さまざまな問題、システムクラッシュ、BSODなどが発生します。 Windows 10 May 2020更新プログラムのインストール後に考えられる問題や問題の不確実性に直面したくない場合は、次のことができます。 インストールを延期する この機能の更新の数日間。つまり、Windows 10 May 2020 Updateは数か月間インストールされません。 Stableへの更新を待ってから、Windows 10をアップグレードします。

Windows回復ドライブを作成する

更新を延期しないことを決定した場合、Windows 10より前に2020年5月の更新に自動的にアップグレードするWindows回復ドライブを作成します。原因Windowsの更新が破損したオペレーティングシステムで、起動しない場合。これにより、Windows回復ドライブが起動時の問題を解決するのに役立ちます。

Windows 10で回復ドライブを作成するには、少なくとも8GBの空き容量のあるUSBドライブが必要です。

  • まず、USBドライブを挿入し、
  • [スタート]メニューの[検索タイプ]リカバリドライブをクリックし、Enterキーを押します。
  • そして、Recovery Drive Creator Wizardの指示に従ってください。

回復ドライブを作成する

プロダクトキーを見つけてメモする

アップグレード後に問題が発生した場合、Windowsライセンスが期限切れになりますが、Windowsはアクティブ化されていません。そのとき、ウィンドウをアクティブに戻すには、古いプロダクトキーが必要です。また、いくつかの原因Windowsを最初からインストールする必要が生じ、Windowsのプロダクトキーも必要になります。そのため、Before Do Upgradeは、WindowsおよびOfficeのプロダクトキーを書き留めておくことをお勧めします。

これを使用して現在のプロダクトキーを簡単に取得できます プロダクトキーソフトウェアを見つける。これは、Microsoft Office 2000〜2016、AdobeおよびAutodesk製品、およびほとんどのWindowsバージョンを含む、注目のアプリに属する​​プロダクトキーについてシステムをスキャンするポータブル(つまり、インストールする必要がない)ユーティリティです。

プロダクトキーを書き留めます

復元ポイントを作成する

Windowsが新しい更新プログラムを適用する前に、Windowsレジストリを含むシステムのさまざまな部分をバックアップすることが重要です。これを行うには、Windowsシステム保護機能を有効にして、 システムの復元ポイントを作成する。 2019年5月のアップデートへのアップグレード後に問題が発生した場合は、システムの復元を実行して以前の設定に戻すことができます。

ここでシステム保護をオンにしてシステム復元ポイントを作成する方法。

  • 最初にWindows + Qを押し、restoreと入力します。
  • [復元ポイントの作成]を選択して、システム保護コントロールを開きます。
  • ここで、Windowsにインストールされているドライブ(システムドライブ)を選択します。
  • [構成]をクリックし、ラジオボタンを選択します。
  • そして、システムの復元ポイントを作成します。

念のため、各更新の前に復元ポイントを作成することをお勧めします。その後、安定性に満足したら、それを再び無効にして使用済みスペースを解放できます。

システム保護をオンにする

重要なデータのバックアップ

System Recover DriveとSystem Restore RestoreはWindows設定のみを保存し、スタートアップ設定は個人ファイルを保存しません。そのため、アップデートがうまくいかず、システムがワイプされた場合、バックアップされていない多くのデータが失われる可能性があります。少なくとも、DocumentsフォルダーとDownloadsフォルダーをバックアップすることをお勧めします。加えて、メディア関連のファイル(音楽、ビデオなど)があります。それらを外部ドライブ、さらにはNASデバイスに保存します。方法を読む バックアップウィンドウ10 ファイル履歴のバックアップ機能を使用します。

ファイルを自動的にバックアップするオプション

システムに十分なディスク容量があることを確認してください

今回マイクロソフトは、Windows 10バージョン1903に最低32 GBの空きディスク容量が必要であることを推奨しています。したがって、2019年5月のアップデートをダウンロードしてインストールするための十分な空きディスク容量があることを確認してください。システムインストールドライブ(C :)から不要なデータを移動できます。走る ストレージ感覚 不要な一時ファイル、ジャンクファイル、システムエラーファイルなどをきれいにする。また、サードパーティのソフトウェアを実行する CCleaner 不要なファイルをクリーンアップし、破損して欠落しているレジストリファイルを修正します。

WINDOWS 10バージョン1903システム要件
プロセッサー 1GHz以上のCPUまたはシステムオンチップ(SoC)。
32ビットの場合は1 GB、64ビットの場合は2 GB。
ハードディスク容量 64ビットまたは32ビットの場合は32GB。
グラフィックス DirectX 9以降とWDDM 1.0ドライバー。
ディスプレー解像度 800×600。
ネットワーキング Wi-Fiまたはイーサネットアダプター。

その他のこと

安全のために、

  • インストールされているすべてのソフトウェアを更新します。
  • あなたを無効にする ウイルス対策ソフト、インストールされている場合
  • 接続されているUSBドライブを取り外し、接続されている周辺機器をすべて取り外します。
  • 主電源に差し込み、ラップトップが完全に充電されていることを確認します。
  • Windowsに最新のアップデートがインストールされていることを確認します。
  • また実行中 DISM ヘルスコマンドの復元とSFCユーティリティは、機能エラーを防ぐための適切な回避策です。

以上で、WindowsがWindows 10バージョン1903を自動的にダウンロードしてインストールするのを待ちます。

また読む: