Windows 10 Build 20190 Out for the Dev Channel with sound and search Improvements

最近マイクロソフトは、新しいWindows 10プレビュービルド20190.1000を開発チャネル(以前は高速リングと呼ばれていました)のWindows Insiderにリリースしました。新しいビルドは、20170のビルドのフォローアップであり、GPU機能の改善を含む視覚的および機能的な変更をもたらします。 TIPSアプリケーション 新しいバージョンで導入された新機能と、いくつかのバグ修正などをユーザーに知らせるため。



DevチャネルのWindows Insider(以前は高速リングと呼ばれていました)、設定->更新とセキュリティ-> Windows Updateに進み、新しい更新をチェックして、Insider Preview Build 20190を更新します。

Windows 10ビルド20190



Windows 10バージョン2004 ISOをお探しの場合は、 ここに。

投稿内容:-

Windows 10ビルド20190

最新のWindows 10テストビルド20190には、Tipsアプリからアクセスできる新しい更新後のエクスペリエンスが導入されています。ビルド20190をインストールすると、Tipsアプリが自動的に起動し、新しいバージョンで導入された新機能をユーザーに知らせることがわかります。

新しいバージョンで導入された新機能をユーザーに知らせる

注:このエクスペリエンスは、US、UK、AU、IN、CAなどのENロケールのWindows Insiderで表示されます。

新しいヒントアプリウィンドウ10

また、Microsoftは、デバイスでこのエクスペリエンスを表示するには、[設定]> [システム]> [通知とアクション]の[Windowsウェルカムエクスペリエンスを表示する]チェックボックスがオンになっていることを確認しています。

グラフィック設定も改善され、ユーザーはデフォルトの高性能GPUを管理し、各アプリケーションのGPUを指定できるようになりました。

複数の高性能GPUを使用していて、それらのGPUのうちのどれを高性能ユースケースに使用するかを指定するパワーユーザーの場合は、[設定]> [システム]> [ディスプレイ]> [グラフィック設定]に移動するか、 [設定]> [ゲーム]> [グラフィック設定]。つまり、高性能GPUを要求するアプリケーションは、デフォルトで、このページで指定した高性能GPUを使用します。 マイクロソフトは指摘した

さらに細かく制御したい場合は、最新のビルドに、新しい「特定のGPU」オプションを使用してアプリを実行するGPUを正確に指定する機能が追加されました。

グラフィック設定

ユーザーのフィードバックに基づいて、Microsoftは、CTRL + CAPSLOCKおよびALT + CAPSLOCKをそれぞれ使用して、ひらがなとカタカナの切り替えをサポートするように新しい日本語IMEを更新しています。

バグの修正

最新のWindows 10ビルド20190では、次の問題が修正されています。

  • Linux 1のWindowsサブシステムにより、「スレッドの終了またはアプリケーションの要求により、I / O操作が中止されました」というエラーが発生します。
  • 検索ボックスから文字を削除すると、検索結果が重なって表示されるデフォルトのアプリ設定ページの新しい検索ボックスに関する問題。
  • ナレーターが有効になっていると、フォーカスがログイン画面に設定されているときに画面上のPINパッドが予期せず表示される可能性がある問題。
  • 機能オンデマンド(FOD)がエラー0x8000FFFFで有効にできない問題
  • 認証プロンプトが表示された後、対話せずタイムアウトした場合、ウィンドウ10がフリーズする

既知の問題点

下記のWindows 10 Build 20190にはいくつかの既知の問題があります

  • Easy Anti-Cheatで保護されたMicrosoft Storeゲームが起動しない場合がある
  • 最新のプレビュービルドのインストール中に更新プロセスがハングまたはスタックする
  • UWPアプリのサイズを変更した後、最小/最大/閉じるボタンが元の位置で動かなくなる。
  • ピン留めサイトの新しいタスクバーエクスペリエンスは一部のサイトでは機能せず、ピン留めサイトにはドメインの開いているタブがすべて表示されません。
  • Alt + Tabキーを押してブラウザータブに移動すると、以前にアクティブだったブラウザータブがAlt + Tabリストの前面に移動することもあります。

また読む: